美容業界で働く際に持っていると有利な資格について

美容・エステ業界で働くことを考えているならば、専門的な知識が必要となります。今回は美容業界で働く際に持っていると有利な資格を紹介します。



1・日本化粧品検定

日本化粧品検定は日本化粧品検定協会が主催する化粧品にまつわる検定試験です。化粧品に関する基本的な知識から、使用されている成分といった科学的な知識まで幅広いレベルに対応した試験となります。受験資格に実務経験等は必要なく、難易度によって3級から1級に分かれています。



2・美容薬学検定

美容薬学検定は薬学検定事務局が主催する、美容・化粧品を薬学という観点から学ぶための検定試験です。検定試験では健康と美容にまつわる身体の基礎知識から、化粧品やサプリに使用されている成分に関する専門的な知識まで求められます。



3・認定エステティシャン

認定エステティシャンはエステ業界で働くことを考えている人にお勧めの資格となっていて、認定エステティシャンを名乗るには日本エステティック協会が実施している認定試験に合格する必要があります。認定エステティシャンは公的な資格ではありませんが、業界での認知度が高く実技と知識を総合的に学ぶことができます。